売掛金回収のコツ

売掛金回収の方法はさまざまです。どの方法が一番効果的か悩む人も多いと思いますが、わずかなコツを知るだけで回収率はアップします。当サイトは、債務者の心理を意識しながら売掛金回収を成功に導く方法をまとめました。

まずは交渉のコツから見てみましょう。回収率アップのポイントは、未払いが発生したときに支払期限を決める主体を債務者にすることです。自ら決めた支払日を反故にした場合、債務者は弁解の余地がありません。あらためて設定した支払期限時、さらなる未払いに対する抑止力になります。万が一、債務者から支払いがなかったときも簡単に交渉を進められるのです。

次に、内容証明郵便を送るときのコツをご紹介します。支払いが行われていない金額だけでなく、いつまでに支払う必要があるか、支払われなかった場合はどうなるかを書類に記入しましょう。このとき、遅延損害金が発生する旨を伝えるのがおすすめです。未払いが続くと支払うべき金額が増えると伝えることで、債務者に対して強気に出られる手段が内容証明郵便だと言えます。

もし、法的手段を行使する場合は民事調停から検討してください。訴訟を起こさない理由は、債務者との関係性を維持するためです。訴訟では裁判になるため債務者の名誉を傷つけますが、民事調停なら公に出ずに話し合いができます。もし、裁判に発展することなく和解できれば、債務者側のプライバシーも守られるでしょう。その旨を債務者にも伝えることで穏便に事が進められるかもしれません。

売掛金回収は難しいものだと思います。しかし、回収率が高い会社や人はそれなりの工夫をしているものです。当サイトの情報を参考に、売掛金回収率のアップを目指してください。